在宅ネットあらおのお問い合わせ

関連事業所のご案内

リンク集

  • 荒尾市医師会
  • ごあいさつ

    病気を抱えていても、自分らしく生きるための居場所づくりをお手伝いいたします

    荒尾市医師会会長、藤瀬 隆二

    わが国は団塊の世代全てが75歳以上になる2025年には高齢化率が40%に達するという世界でも類をみない、超高齢社会に発展します。このため「病院完結型」から「地域完結型」の医療転換が必要となり、住み慣れた地域で医療と介護の連携によるシームレスな地域包括ケア、在宅医療体制作りがかかせないものになりました。

    荒尾市医師会では平成25年10月、行政と一体となり、多職種の代表を委員とした荒尾市在宅医療連携体制整備検討会議を設置し、協議を重ね、先進地視察を行い、平成27年1月に荒尾市在宅医療連携室「在宅ネットあらお」を開設しました。

    「在宅ネットあらお」は地域医療に関わる多職種連携の「コーディネート役」として今後の在宅医療に関する政策立案や関係機関の連携強化を図り、住民のみなさんが住み慣れた荒尾の地で、その人らしく生活が出来るように支援していきたいと考えております。

    「在宅ネットあらお」へのご理解、ご支援、ご協力をよろしくお願いいします。

    ページの上へ